条件から探す

新型コロナウイルス感染症と住宅ローン~その3

新型コロナウイルス感染症と住宅ローン~その3

こんにちは!

「中野の不動産屋さん」のフェイス住販の町山です。

さて、このコロナ騒動が始まってから、コロナと住宅ローンについていくつかお話致しました。

本日はその続編となります。

以前にお話したように、このコロナ禍で働き方が変わり、予定していたようなローンの返済ができなくなる方も増えるのではないかと危惧していた通り、新型コロナウイルスの影響で、(独)住宅金融支援機構は、お客様コールセンターへの相談件数(2020年2月~5月)が、累計2,265件に達したと発表がされました。

ローン返済の猶予やボーナス返済の取りやめなどの問合せ件数が増えているようですので、ワクチンや特効薬ができて世の中が通常に戻るまではこの数も減らないのかもしれません。

危険なローンの組み方

住宅ローンを組む際には、返済方法も同時に決めますが、購入時には早く返したいという気持ちから、ボーナス払いや借入年数を減らしてローンを組む方も多いと思います。


弊社では、住宅ローンは無理のない返済方法をお勧めしているのは勿論ですが、公務員などでない限りボーナス払いや当初からの期間の短縮もあまりしないようにとお勧めしております。というのも、ボーナス払いや期間の短縮は支払方法が最初に決まってしまうので、ご自身の状況に関係なく返済は求められてしまいます。


早く住宅ローンを返済したいと考えていらっしゃるとは思いますが、貯蓄が出来た時に繰上返済をされる方がご自身のタイミングで返済が出来るので、思いがけない出費があった場合やこういった状況の中でも無理することなく返済する事が出来るかと思います。

基本は「長く借りて早く返す」です。

住宅金融支援機構の取り組み

住宅金融支援機構では、各種の返済方法変更メニューを伝え、利用者の返済継続を支援するそうです。
返済方法変更メニューとは、
①返済特例(返済期間の延長や元金の返済に据置期間を設定することで、毎月の返済額を減らす)
②中ゆとり(顧客と相談した期間内で、毎月の返済額を減らす)
③ボーナス返済の取りやめ(このほか、ボーナス返済月の変更、毎月分・ボーナス返済分の返済額の内訳の変更も可能)
①~③は同時に組み合わせる事もでき、手数料は無料との事です。

住宅ローンを組んでいる年数はそれぞれですが、その期間はこの先も何があるかは誰にもわからないと思います。
ご自身のタイミングで選択が出来るよう、無理のない資金計画・返済方法で住宅は購入いたしましょう。

FP資金計画×不動産購入は当たり前の時代です

最近は資金計画のご相談で、ライフプランを作成して欲しいというご希望がとても多くなってきました。

ファイナンシャルプランナーという名前も一般的に浸透してきましたし、依頼するハードルも下がってきたように思います。

これからはアメリカのようにFPにライフプランのシュミレーションを作成してもらうのがスタンダードになってくるのかもしれません。

弊社では早い段階からライフプランと不動産購入に取り組んできました。

気になる方はぜひお気軽にお声掛けくださいませ♪

 

☆☆中野区の不動産なら(中野区以外でも)フェイス住販㈱に是非お任せください!住宅ローンに強いです!女性とLGBTの方の味方なのよ☆☆

Mail  info@faith-realestate.com

📞  03-5342-2081

Fax  03-5342-2082

TOPへ戻る
ご質問
お問い合わせ