条件から探す

木造住宅の耐震診断~必要耐力と保有耐力~

木造住宅の耐震診断~必要耐力と保有耐力~

中野区の不動産会社の「フェイス住販㈱」です! さて、今回は木造住宅の耐震診断について説明します。 ややこしそうに思える木造住宅の耐震診断ですが、考え方は意外とシンプルですので、是非参考にしてください。 第1回目は耐震診断の評点についてです。 耐震診断を実施すると、上部構造評点というスコアが算出されます。スコアによって4つに判定が区分されます。 1.5以上…倒壊しない 1.0~1.5…一応倒壊しない 0.7~1.0…倒壊する可能性がある 0.7未満…倒壊する可能性が高い このスコアの1.0以上が国土交通大臣が定める安全基準となります。耐震基準適合証明書を発行するには、上部構造評点が1.0以上である必要があります。 ところで、この上部構造評点は、階毎、建物の方向(X方向、Y方向と言います)毎に算出されるので、例えば2階建ては4つの上部構造評点が算出され、最も低いスコアがその家の耐震診断結果として採用されます。 それではこの上部構造評点はどのように求められているのでしょうか? 計算式は Iw=edQu/Qr となります。 おっと、いきなり訳の分からない記号が出てきましたね。 この記号が指し示す意味は 【 上部構造評点=保有耐力/必要耐力 】という考え方になります。 保有耐力とは耐震診断で評価されるその家の強さの合計です。(耐震診断では強さのことを耐力と表現することが多いです) 耐震診断で重要となるのは壁の強さなので、各壁の仕様を現地調査で確認して、それぞれの強さを評価していくのが耐震診断という作業になります。 必要耐力とは、建物の床面積や屋根の重さなどから、本来保持しなければならない強さの合計です。 つまり、必要耐力以上の保有耐力があれば基準を満たします、保有耐力が必要耐力を下回れば足りない分補う必要がある、という考え方になります。 つい、1.0を下回るとだめだと判断してしまいがちなのですが、大切なのはどれくらい基準値を下回るかであって、つまりは1.0を上回るためにはどれくらい工事費がかかるのか、という考え方になります。 ちなみに、旧耐震の物件だとほぼ100%、新耐震でも2000年6月までの建物だと約80%の住宅が基準を満たさないという調査結果が出ていたりしますので、この耐震診断法は「辛め」の評価が出る手法だということです。 中古戸建の購入の際に、数値やイメージだけで旧耐震物件を闇雲に敬遠するよりも、少し見方を変えれば資産価値の高い物件を安価で入手できるという考え方もできるかもしれませんね。 フェイス住販㈱でした! ☆☆中野区の不動産なら(中野区以外でも)フェイス住販㈱に是非お任せください!☆☆ Mail info@nakano-fudosan.co.jp 📞  03-5342-2081 Fax 03-5342-2082

TOPへ戻る
ご質問
お問い合わせ