条件から探す

建築物の見えない空間になにが詰まっているのか気にならないですか??

建築物の見えない空間になにが詰まっているのか気にならないですか??

中野区の不動産会社の「フェイス住販㈱」です!

「中野の不動産屋さん」と言えばフェイス住販と言われたい町山です。

 

さて、皆さんは建築物の見えない空間の事など、今までにお考えになったことがありますか??

「見えない空間」とは例えば、一階の天井から2階の床の間や2階の天井と屋根の間のことです。

ヒマにまかせてじーっと天井を見ていると、あら、不思議。

天井のシミが人の顔に見えたりして、ちょっとビビる・・・

 

それはさておき、天井裏にはまず設備系統の配管関係があります。

種類は、給水管、排水管、換気ダクト、空調ドレン管、雨水ドレン管、スプリンクラー配管などです。

 

つぎに、電気関係の配管ケーブルがあります。

こちらの種類は、照明器具接続ケーブル、コンセント用ケーブル、TV線、電話インターネット線、インターホン線などです。

 

あとは、天井を形成している下地材があります。

木造以外の建築物では、通常LGSと呼ばれる軽量鉄骨下地材が組まれています。

この下地に、ボード材を張り、天井を仕上げるクロスや塗装など施します。

 

その他、天井裏には、一般的に天井を通して室内に外気の温度が伝わらないように、一帯に断熱材が敷き詰められております。

木造住宅だと、押し入れの天井が、固定されていないことが多く(メンテナンスのため)、そこから見ることができることもあります。

マンションの最上階のお部屋は断熱の必要があるため、リノベーションでは「躯体現し」というコンクリートをむき出しにするインダストリアル系の お洒落な天井はできません。

 

また、ユニットバスには、通常天井点検口がついています。

こちらから天井までの実際の高さを図ることができるのです。

以前に知人がこのスペースに奥様には見られてはならないものを隠していました。

でも高さを測りたいときにばれます。

マンションでは躯体のきれいさを見ることもできます。

 

あまり見る機会はないと思いますが、たまには天井裏を覗いてみてはいかがでしょうか。

もしかしてこちらを見ている二つの目があったりして・・・(冗談でーす)

 

女性の味方です!フェイス住販㈱でした!

 

 

 

☆☆中野区の不動産なら(中野区以外でも)フェイス住販㈱に是非お任せください!☆☆

Mail  info@nakano-fudosan.co.jp

📞  03-5342-2081

Fax  03-5342-2082

TOPへ戻る
ご質問
お問い合わせ