条件から探す

リノベーションについて考えてみる

リノベーションについて考えてみる

ここ最近、中古物件を購入されるお客様に非常に多いのがリノベ物件です。

このリノベ物件を大きく2つに分けて、既に再販業者さんでリノベーションされた「リノベ済物件」を購入する方、また、ご自分の好きな間取りやテイストにするため「自分でリノベーション」をされる方の2通りになります。

物事は何でも、メリット、デメリット、良いことも、良くないこともあります。

「リノベ済み物件」の場合、内覧した時に室内は新築同様にピカピカなのでテンションも上がります。最近は画一化された間取りや仕様だけでなく、それぞれの売主様の特徴を打ち出してオリジナリティーの強い物件が出てきてもいますので、置かれている小物類までお洒落にできているものも多くあります。

とはいえ、売り物ですから、最大公約数が望む間取りな上、設備はそれなりのものになります。

そして、フルリノベーションと謳ってはいるものの配管関係を交換しているかどうかわからないものがあったりして、工事中の作業を見ているわけではないので心配な面もあります。

価格も仕入れの値段や工事代金に左右されるので、妥当なのかどうかが良くわからないということもデメリットの一つかもしれません。

 

「自分でリノベーション」できる物件の場合、内覧時は売主様が使用している状態が多く、ほとんどは居住中の状態で見ることになります。

いくらキレイになると思っていても、雑然とした部屋の中にいると気持ちも下がってきます。(中には汚ければ汚いほどリノベのし甲斐があると気合の入るお客様もいらっしゃいます)

価格面では、中古物件なので現在流通している価格相当のものが多いため、納得いく金額で購入はできますが、ここにリノベーションの工事代金をオンすることになりますので、結果的には相場より高い金額になってしまいます。

工事のプランも実際に行うと結構大変で、決めることも多く、打ち合わせや現地確認、設備のショールームに行ったりとやることがたくさんあり時間も体力も使い果たす方も多く見受けられます。

それでも完成してしまえば、自分の好きなテイストのお部屋で過ごせることは何にも代えがたいものになるでしょう。

 

 

 

TOPへ戻る
ご質問
お問い合わせ